紫外線対策を行うにあたって、日焼け止めを日常的に活用することはとても大切なことです。しかし、日焼け止めをお肌に塗ることで起きる肌トラブルは、とても多いのです。肌トラブルがいやだからといって、紫外線対策を行わなければ、紫外線によるお肌のダメージはもっとひどくなります。自分の肌状態を見ながら、うまく日焼け止めを使いこなしていくしかないのです。では、なぜ日焼け止めによるトラブルが多いのでしょうか?

日焼け止めには、現在さまざまな種類が出ていますが、わかりやすい違いはSPFやPAの数値の違いです。数値が高くなれば紫外線を防止する時間が長くなりますが、その分お肌への負担も大きくなります。スポーツなどで長時間屋外にいる場合と、ちょっと近所まで出かける場合では、必要な日焼け止めも違ってきます。日焼け止めに関していえば、大は小を兼ねません。必要以上にSPFやPAの数値が高い日焼け止めは、肌に負担を与えるだけです。そのときどきに応じて、数種類の日焼け止めを使い分けることが大切です。日焼け止めは、その配合成分によって、紫外線を防ぐ方法が違ってきます。

紫外線錯乱剤と紫外線吸収剤の二種類です。紫外線錯乱剤は、肌表面に塗られた紫外線錯乱剤が、紫外線を反射することで日焼けを防ぐというもの。一方、紫外線吸収剤の方は、肌表面に塗られた紫外線吸収剤が紫外線を吸収し、熱エネルギーに変えていくことで日焼けを防ぐというものです。その性質上、日焼け止め効果が高いのは紫外線吸収剤の方ですが、一般的に、肌への負担が大きいとされています。一方、紫外線吸収剤は、比較的肌に負担の少ない成分が使われることが多いのですが、日焼け止め効果は低いとされています。日焼け止め成分の肌への負担は、日焼け止めを塗っている時だけに起こるわけではありません。日焼け止めを落とす時のお肌に与える影響が、とても大きいのです。

日焼け止め効果の高いものは、水に濡れても落ちにくいものが多いですよね。ウォータープルーフといって、夏のレジャーなどによく使われるものです。たしかに汗にも強く、海で泳いでも落ちないというのは魅力的かもしれません。しかし、汗や水に強いということは、簡単なクレンジングではきれいに落とせないということなのです。その日焼け止めを落とすために、強い洗浄力のものを使い、そのために、日焼け止めだけでなく、肌に必要な皮脂などまで取り除いてしまいます。それが、日焼け止めを使って起こるダメージの中で、最も肌への影響が大きいとされることなのです。